大会/イベントにエントリーしてみよう

     
           

年齢など気にする必要は全くなし            

日本全国各地で大会やイベントがほとんど毎週のように開催されているのにきっと驚かれることでしょう。ツール・ド・エントリーのボタンを押してみて下さい。 そこで気になるのが年齢だと思いますが、安心してください。ほとんどジュニアからシニアへと段階別にクラスがきちんと用意されています。そして車種(ロードバイク・MTB)別にも 分かれています。それぞれの年代で意気込みや楽しみ方も随分違うかもしれませんが、一度参加してみると病みつきになることは間違いなし です。近くの大会ばかりだけでなく、遠征もしてみると楽しみはさらに広がるでしょう。まず関西でお薦めの大会を紹介します。

布目ダム湖畔サイクルフェスタ

             

ダム湖周回はアップダウンが有り厳しい。筆者の場合、鮎の塩焼きが気になり5周回で早めに切り上げた。

  • 評価 ★★★★★
  • 日時 2010年5月16日(日)AM7〜PM2
  • 東大寺南大門〜布目ダム湖12周回 120Km
  • 参加費4,000円
  • 昼食 鮎塩焼き2本付き地元料理付き
  • 抽選会 豪華賞品がほとんどもれなく当たる
  • 19年間の実績がある由緒ある大会
  • ツアーオブジャパン奈良ステージと同じコースで前日に開催
  • 他コース、イベント有り
  • ■リザルト 第19回 6周  第20回 10周
  • コース詳細 




山岳グランフォンドIN吉野

             

有名な難所の五番関では1000m級の山々の頂がパノラマのように開けてくる。

  • 評価 ★★★★★
  • 日時 2010年7月25日(日)AM9〜PM5
  • コースは、ショートコースからグランフォンド3コース
  • 参加費3,000円
  • 体力だけでは、克服できない難易度の高い中〜上級コース
  • エントリー初日数時間で、定員となる
  • 全国・海外から猛者が参加する超有名な大会 吉野山がSTART
  • コース詳細 公式HP




大台ヶ原ヒルクライム

            

1,500m級の山々を背景に駆け抜けるヒルクライム

  • 評価 ★★★★★
  • 日時 2010年7月4日(日)AM7〜AM10
  • 参加費7,000円
  • 1,500m山頂まで28Kmのタイムトライアル
  • 上北山村主催
  • 天空を駆け抜けるヒルクライムレース
  • コース詳細 公式HP
  • ■リザルト 第9回 2時間24分  第10回 1時間59分




シマノ鈴鹿ロードレース

            

全国から1万人が集うロードレースの祭典--チームで参加すると楽しみ3倍

  • 評価 ★★★★★
  • 日時 2010年8月28日(土)〜8月29日(日)
  • 参加費7,000円+a
  • チームTTレースがお薦め(男女混成チームも有り、マナーも良し)。
  • 但し個人レースは本格的なのでクラッシュ・落車に要注意(集団走行の慣れが必要)
  • シマノ主催
  • SHOPのチームに入会して、チームテントとかで参加すると本当に楽しい運動会?
  • 本格的なレースもあるので目的に応じてコースを選ぶ。
  • コース詳細 公式HP



          
        
 

ツーリングを楽しもう

     

楽しいツーリング

大会に出るまでには、多大な時間と労力を費やすのでは?と得てして考えがちですが、決してそうではないことを証明して見せます。 ロードバイクを買って3ヶ月もすれば、自然と色んな事も学びます。もうそれだけで参加資格は十分で、あとはこのHPから、ポチっとエントリーするだけです。 私の場合はむしろ独学が長く、モチベーションもかなり低かった時期もあり、低空飛行している時間が長かっただけのことです。しかし最初はむしろソロで武者修行する方が 良いでしょう。もちろん仲間とのツーリングも楽しいですが、自由気儘に走る逞しさも身に付けることも必要です。

            
  • まず、全国サイクリングロードから練習するサイクリングロードを探そう ⇒ ご近所CR
  • ひたすら、川の道で練習あるのみ。立ちごけはこのときに経験しよう(ビンディングの種類で差あり)
  • MYロードマップを参考にツーリングを始めよう(奈良県はコースが豊富なのでお薦め)
  • 3ヶ月後にはもうローディへと変身             
  
        
 

自分のロードマップとブログ公開

           

ロードマップと走行記録

           管理人も最初はカシミール3Dでコースを手書きした。             

  • カシミール3Dで、距離と高度差を確認しながら、ルートマップをついでに作成する。
  • YAHOOのルートラボを利用してみよう。
  • 毎週の走行距離を記録に残そう ⇒ ブログあるいはHPへ こうすることで毎週必ず走るのが当たり前のようになるし、モチベーションもかなりUPできます。             
            

ブログを始めよう

           

  • Amebaブログ管理人のホームグラウンド
  • LiveDoorブログなかなか渋いブログです。管理人はワンコのブログでデビュー
  • Googleブログ写真がきれいなのでロードバイク中心に
  • FC2ブログMTBで遊んでみよう、とにかくOFFの世界へも
  • WordPressブログ自宅サーバ用ブログ、遠征RINKOモード           

達人はやはり、自宅サーバでブログも立ち上げるというのが醍醐味となります。MySQLなどデータベースの勉強にもなるし、時間さえ許せばやはりチャレンジするのみ

また、ブログではきっと切磋琢磨できる素晴しい仲間が見つかります。しかもあらゆるジャンルで。

         
 

ロードバイクツールあれこれ

            

まず輪行袋に慣れること

            
  1. 最初は分厚くて大き目の袋にしよう!(ちょっとやそっとでは破れません)
  2. 達人になってから超薄目の袋で何処までも!
  3. 注意点はたった一つだけ             

管理人は2回も失敗して変速器へのアタッチメント(ちょうどワイヤーがループになっている辺り)が骨折状態へと残念ながら変速器もろとも交換の憂き目に

なので車体を袋上へ置くのに必要なあの金具の役割さえ、十分認識すればもう大丈夫!



ビンディングを変えてみよう

        
  1. トゥークリップ初心者用(写真なし)
  2. SPD初級用
  3. SPD−SL中級用
  4. スピードプレイ中級用             

どちらかといえばMTB用のビンディングで片面のみ。靴の方は小さなアタッチメントなので楽だ。

SPD-SL(ペダル)このタイプは片面だが、両面の方が良いと思う。

SPD-SL(靴側)最初は黄色、慣れると赤色を付けると良い。

現在、練習中のスピードプレイ、自転車側は非常にコンパクトになる。

靴側はかなりのインパクトがあり、歩くときはまさにペンギン状態。水平に面を合わせないと微妙にカチッとこない。

     



Copyright © 2010 ロードバイクで変わること All rights reserved.