自転車とれおん





■ 鴨川(橋三昧)コース  法隆寺IC〜平城京〜木津川サイクリングロード〜桂川〜久我より鴨川〜賀茂大橋〜(JR木津駅) 往復130Kmコース


11月28日(土)曇天 北東の風強し 鴨川のサイクリングロードはあともうちょっとで、全線開通。急ピッチで工事が進められているようです。塩小路橋より十条あたりまで確か現在途切れています。橋の下をくぐる回数は 10回は軽く超えています。河川工事が見事に進んでいるようです。往路は北東の風強くさすがに疲れました。 8:30出発 15:30JR木津駅着 (輪行で王寺まで)


 


   

幻の開通

ぼけ

おーいなにやってんの。いくらなんでも、もう開通してもえーと思うけど。 なんでこんなにのろいのかなあ!! 先々週、穴あいていたはずなのに今日はまた対岸のほうでなにやってるのかなあ。明らかに税金の無駄使いとしか思えない ような工事進捗ぶりといわれても仕方ないでしょ。ほんとにいつまでも開通しない幻の河川敷ですわ! 今のご時世、くだらん道路工事よりも河川敷の整備をして県民の憩いの場や散歩道を作る方がよっぽど交通事情も改善されるし、地球にやさしい エコ活動につながると思う。

今日は、たぶんこのあたりから、○○○○ウォークがあったのかな。ほんとやるのはいいんですけど秋篠川のサイクリングロードがまるでぶたの大群のように前も見ないで暴走し、完全一方通行になっていました。そこまでやってほんとに みなさん楽しまれたのかな。こちらは前からほんとに押し寄せる大群を見てゲロはきそうになりましたけど。 それとも今日は北向きには通行禁止だったのかな?

ここが、厳密にいうと桂川と鴨川の合流点になっています。ゴールが嵐山の場合は、もう少し先の京セラビルが右手に見える(久我)あたり、橋を2つ渡って再度桂川のほうを溯上します。まっすぐ行くと普通にしばらく地道を走ることになります。

地道を抜けるとこんなに立派なサイクリングロードが目の前に!奈良県は絶対に京都を見習うべし!(来年の1300年祭りも心配になってきました。突貫工事やり始めたみたいだけど、いまいちようわからん。緑も減ったような気がするし。) 地道といっても小石がほとんどないきれいな地道だったので安心して走れます。 それに舗装は十分な幅があり本当に立派です。京都の人たちは本当に恵まれているなあとつくづく思います。京都市内植物園まで自転車なら快適なスピードで縦断できますね(10分ほど)

   

途中で、シベリアから渡ってきたユリカモメと遊んでいるおじさんと出くわしました。鴨が一羽、カラスも一羽いたけれどこんなところにほんとにユリカモメ?

クイズ この橋の名前は? 橋が多すぎて忘れてしまいました。だれか教えてください。 下の案内図に回答があるでしょうか?200〜300m走ればすぐに川があり、河川敷から眺める風景は素晴しいものがあります。それに比べて穴一つあけるのに何年もかかるような 何処かとはえらい違い?

三条大橋あたりが抜けているようです。

今回はここをゴールとしました。ちょうど高野川と鴨川の合流点、世界遺産の下賀茂神社があるところです。京都の人はきっと鴨川上流の下賀茂神社や鞍馬街道へと、また高野川上流の八瀬やさらに鯖街道へと足を延ばしているんでしょうね。来年は京都駅あたりから また楽しめそうです。

   

大文字がうっすらと

復路で、はっきりと見れます。ながれ橋の現況です。この間の台風の傷痕がいまだにそのままです。ワイヤーでつながったまま下に落ちているのが良くわかります。こうすることに により抵抗を減らし完全にバラバラにならないようにしているんでしょう。








Copyright © 2009 自転車とれおん All rights reserved.