自転車とれおん





■自宅(輪行)〜JR奈良駅〜奈良県庁〜R369〜円成寺〜大柳生〜柳生〜布目ダム〜針IC〜R25〜天理ダム〜自宅 往復80Kmコース


 2010年1月30日(土) AM9:00〜PM3:30着 累積標高差(+)750m ゆるやかな登り、UP/DOWN多し、トレーニングには持って来いのヒルクライム




   

ずっと前から気になっていたコースです。激坂があるんだろうなと思っていたら、全くなく全般にゆるやかな登りといった感じです。その代り結構UP/DOWNが至る所にあり、大汗かいたり寒くなったり大変でした。天気予報とは裏腹に生憎の曇り空になったり 晴れ間が覗いたりとおまけに風もきつくなりダウンヒルではあやうく風にハンドルをとられそうになったりでたいへんでした。でもまあ曽爾高原に比べればまだ楽な方です。

自宅からは、例によってJR王寺駅まで車で送ってもらい、輪行でJR奈良駅まで行きました。 JR奈良駅は以前から改修工事をしており相変わらず改札までややこしい道のりだ。そういえばJR大阪駅も随分 工事が進んでいるようです。やはり京都駅があれだけ立派になったので、ちょっと遅すぎるのではとも思います。


奈良公園を通り過ぎ、さらに奈良県庁で左折し般若という交差点からR369に入ります。忍辱山(ニンニクセン)町の峠付近にこじんまりとした円成寺があります。写真のとおり、小さな池を中心とした庭園が前景となり、風情のある門構えが後景となる 素晴しいお寺です。こじんまりとしていますが、何故か惹きつけられるものがあると思う。


峠を越えると大柳生、そして柳生の里につきます。 武家屋敷跡と有名な十兵衛杉と思われる?もの。


布目ダムの噴水です。いきなり目の前に出てきた景色にびっくりしない人はいないと思う。圧倒的な水量やまたダムの大きさにも目を見張るものがあります。ダム湖の反対側を覗いてみるとすこし怖いかも!そしてダム湖周回道路は原付〜自動二輪の乗り入れが禁止されているので静か なのもまた魅力的です。今日みたいな日は本当に車も走っていないし、1人でいるのが少し怖くなるぐらいの静けさでした。もっとも柳生からずっとここまでは、車にも1、2台しか会わなかったぐらいで珍しく孤独感をちょっぴり感じました。でも夏になんかなると、多くなるんでしょうね。あまりにも景色が素晴しいから。

ワカサギ漁ができるみたいです。またマスなんかも遊猟券がいるようです。それでこの橋上の釣り人たちも結構釣っているようでした。

上流の布目川です。こちらも結構渓流のようです。 このコースは川やダム湖だけでなく、ずっと大和茶の茶畑や製茶工場があちらこちらに点在します(写真を撮るのを忘れるぐらい)。 こんな急斜面にも茶畑が開けているなんてという風景もありました。

針テラスは名阪国道針ICにある道の駅で、ようやくここで小腹に何かつめこみます。昼飯は、天理で有名な彩華ラーメンまで我慢、我慢!

針ICから福住ICまでは、R25を通りましょう。途中に古代の氷室を復元したものが見られます。仁徳天皇?の頃より、この辺りはかなりの数の氷室の跡が有るそうです。

ようやく天理ダムといっても福住ICからはほとんどダウンヒルです。珍しく今登って来たばかりの人と会い、しばらく話しこみました。今日は本当にツーリングしている人も少なく    きっとむこうも誰かと話したかったんでしょね。ここで話題になったのは、大台ヶ原の話でした。やはりヒルクライマーたちにとって大台ヶ原ヒルクライムレースは目標であり夢ですね。彼は 天理の街から無事登り切り往復したことがあるそうですが、までレースに参加したことはないとのこと。心の中でお互い今年は標高差1100mのあのクライムに挑戦しようと誓ったような誓わなかったような?

天理の街に降りて来ました。ここが天理大学とは知りませんでした。良く似た建物がそこらじゅうに何十棟もあるからです。

最後はお楽しみの天理彩華ラーメン。またニンニクをてんこ盛りして最後のパワーをつけます。ウワサどおりの美味しいラーメンでした。これで無事に自宅まで帰れそう。









Copyright © 2009 自転車とれおん All rights reserved.