自転車とれおん





■自宅〜飛鳥葛城自転車道〜R35〜下土佐〜R169〜壺阪寺参道〜壺阪寺〜高取城址〜猿石〜土佐街道〜R169〜橿原神宮〜曽我川〜飛鳥葛城自転車道〜 往復60Kmコース

     絶対に猿石の方へは行かないようにお願いします!(笑) 元来た道を帰るのが一般的です! 道路地図に書かれているとおりです。

 2010年2月6日(土) AM8:00〜PM1:30着




壺阪寺参道よりの標高差です。 高取城址跡の本丸付近が、山頂になり583mとなります。

   

ここに来るまでに雪が降り始め、思案の為所、指先はほとんど感覚がなく凍傷になりそうなぐらいの寒さになってきました。まだ雪は小降りでサラッとしているので、強風にあおられ路面を転がっているような感じでした。 R169に入り、壺阪寺参道に入る手前でかなり降ってきたのでコンビニへ思わず駆け込み暖をとりました。この時点で続行できるのかそれとも中止なのか半々ぐらいの悪天候となりました。

20分ほど放心状態でぼーとしていた甲斐あって、強風が頭上の悪天候を吹き飛ばしてくれたようです。悩ましい雪も止み始めたのですぐさまコンビニを後にし、あとは運を天にまかせ、一気に登っちゃいました。もっともここまではゆるやかな坂道ばかりなので挫けることもなく。

そして激坂は待っていました。舞い上がらないように努めていたのですが、どういうわけか前方ばかりに気をとられあせってしまったため、遂に呼吸が喘いでしまいました。やっぱりあんまり先のことばかりを気にしすぎて、目前のことを疎かにすると失敗を招くのは人生と同じ。 目前の緩急を見極めて自分をコントロールすることが大事!!わかっていてもついつい未熟者ですわ(笑)

山頂付近、ここで山岳道に切り替わる。

一旦折り返し、下の入口からやはり山岳道を登って本丸を目指す。

   

ロードバイクをここまで持ってくるのは山道なのでやっぱりつらい(壺阪口門まで距離はそんなにないが急斜面)。さっき降った雪が溶けずに残っており、ANT★RESに良く似合う?

いきなり、前方に金剛山が!山頂付近はやっぱり白くなっていた。

想像以上にこの城はでかい、そして城あとのまま残っているのが本当に惜しい。CG復元図によると戦国時代の勇ましい姿が!

ほぼ山頂付近となる(標高583m )。

うん なんだろう?

元来た道を下りるのが当たり前!しかしながら土佐街道を外せないという思いからこんな道を下りることに!!2年ほど前、土佐街道側からクライム中、横転しスポークを1本折ってしまうという惨事 が忘れられず(笑)

途中、猿石がこんなところに!ここからやたら階段状の登山道が長ーく続き、走るように下りたのが大きな失敗!見事に後輪がパンク!! アスファルト道に辿り着いてから20分ほどかけてチューブを交換しました。 良い子は、絶対この道を自転車で下りるなんてことはしないように!!バカは自分一人で十分です。地獄の2.8Kmだ!(笑)

一本だけ不思議な赤い実を鈴なりにした木が?

梅かな? スポークが折れたのはここからもう少し上、先ほどのアスファルト道に変わったところの目と鼻の先。

きれいな庭園です。

土佐街道の目印みたいなもので、高取城から持ってきた「松の門」が現在の幼稚園の門になっている。

169号線から土佐街道へ入る入口です。確か小嶋寺うんぬんとか看板あり。

強烈な風が吹いて寒そうな橿原神宮内の池。

なんだあれは?曽我川にて

こっちの木はもっといっぱいだ!!









Copyright © 2009 自転車とれおん All rights reserved.